突然iPhoneが重たくなってしまい、スムーズに動作しないこともあります。これはCPUの処理が遅れていることも多く、古い端末だとフリーズしているような感じさえ持ってしまいます。基本的に色々なアプリを利用していることによって起きてしまうことが多く、少しでも起こらないようにするためには適切にメモリなどを開放しておくといいです。

 

メモリが減少すると処理に影響が出てしまうことが多いので、iPhoneを利用する時には定期的に開放して、いい状態に戻しておくといいです。これによって処理が向上することもありますし、明らかに重いようなイメージも無くなります。こうしたアプリも無料で使えるので、いいものを使えば軽さが出てきます。

 

使っているアプリによっては、相当重いような感じも受けやすく、動作がかなり遅れてしまうこともあります。古い端末でiPhoneの性能が悪いと、現在のアプリに対応できないこともあるので、メモリの調整やCPUなどの情報を見てから考えるといいです。