実家へ帰ると、弟がいました。

その弟が、「お姉ちゃん、どうしよう、俺のiPhoneがいきなり電源もつかなくなったんだけど」というではありませんか。

私もそういうことが何度かあったので、まずは何年前に買ったものなのか、いつもどのようにして充電しているのかということを聞いてみました。

 

すると、もう2年以上使っているのでそろそろバッテリー的には寿命が来ているのだろうと私は察しました。

そして、気になる充電方法もいつも会社のパソコンの端末につけて充電をしているというので、ピンときました。

 

私もiPhone愛用者なので、弟がiPhoneの充電器のパーツを失くしてしまったというので私が持っていた充電器でコンセントにそれを差し込むと、すぐにiPhoneは「充電中」というマークが出ました。

それすらも弟が試した時には出なかったようなので、弟はパッと顔が明るくなって私にすごく感謝し、すぐさまちゃんとした充電器を買いに行っていました。

何とも簡単なiPhone復活となりました。