私がiPhoneを初めて持ったのは、今から約5年前です。

 

きっかけは些細なことで、当時使っていた携帯電話の充電がもたなくなってきたからです。

 

しかし、携帯ショップに向かう道中は、iPhoneに変える気などさらさらありませんでした。

 

と言うのも、私にとっては携帯電話で充分だと思っていましたし、電話をする際に液晶が肌に着くことに抵抗を感じていたからです。

 

ですが、いざ携帯ショップに行ってみると、何故だか急に欲しくなりました。

 

理由は判然としませんが、恐らくディスプレイの仕方や宣伝映像に惹かれたのだと思われます。

 

そうして突発的にiPhoneを購入した私ですが、最初はかなり戸惑いました。

 

最も基本的なトラブルは、液晶のフィルムを剥がさなかった為に通話がまともに出来なかったことです。

 

また、電話帳のデータ移行や各種機能など、わからないことだらけでした。

 

しかし、今ではすっかりと馴染んでおり、いわゆるガラケーに戻そうとは毛ほども思えません。

 

様々なアプリも便利ですが、個人的に有難いと思っているのは動画やインターネットが外でも気軽に使えることです。

 

また、iPhoneを使う上で私が心掛けているのは、「全ての機能を使いこなせなくても良い」と言うことです。

 

自分が必要だと思うことだけを調べて、iPhoneにその機能が備わっているか確認し、利用する。

 

それだけ出来れば、iPhoneは誰にとっても便利なアイテムとなるでしょう。